<< DQ3プレイ日記 第五回 イシス〜ポルトガ | main | 反竜伝記 Anotherstory ACT4 猛攻、海の悪魔 >>
2016.01.20 Wednesday

DQ3プレイ日記 第六回 ダーマ神殿〜船入手まで

0



     

    DQ3プレイ日記も第六回……飽きっぽいワタシがよくここまで持ったもんだ。
    確かDQ5の時は……うっ、頭が……ッ。

    過去のトラウマを振り切って、さてまいりましょう。
    さて、バハラタへ……といいたいところですが、ちょっと寄り道。



    いきなりダーマ神殿へ。
    というのも、そろそろキツくなってきたんですよね。
    うちのパーティ、僧侶がいないので回復が薬草というのもちょっとコスパにかけるというか、いちいち道具から薬草を選択して使うを選ぶのもめんどい。
    というわけで、セインを賢者にしちまうとやってきたわけですよ!



    いくぜ、ガルナの塔!

    ここの塔、けっこう複雑な構造をしているんですよね。
    細い綱を渡ったり。わざと穴に落ちないとたどり着けなかったり。
    FC版の記憶もすっかり抜け落ちてて、けっこう迷いましたとも。



    綱渡りのところでわざと落ちると、ここに到着。
    そこの溝にさらに落ちると……



    お目当ての悟りの書ゲット!

    だがしかし、転職はレベル20にならないと出来ません!
    というわけで、バハラタへ出向いて一連のイベントをこなします。

    黒胡椒を買いにバハラタへいくも、胡椒屋の娘がカンダタにさらわれてしまい、それどころではない……





    まぁ、いくしかないよね。








    同じ画像を何度も張るなって。いえいえ、こんな感じの同じ作りのフロアがずらーっと続いている構造のダンジョンなんですよ。
    ただこれ、無限ループじゃありません。行き着けば壁にぶつかるという、無限ループもどきなんですよねー。



    おうおう、雑魚はひっこんでろやー



    シャンパーニの塔のやつと同じなので、もはや雑魚です。



    娘を助けにいくと飛び出して、あっさり捕まっているのね……



    どーでもいいけど、ドラマCDではカンタダ役はかの神谷明氏なんですよね。



    せっかくだから覚え立ての呪文の試し打ちをしようじゃないか。



    ざっと通常のメラの八倍のダメージですわー。



    この後、アレフガルドで牢屋に入っていたあたり、結局改心していなかった様子。



    さて、こうして手に入れたブツを。



    王様に渡して……



    ねんがんのふねをゲットしたぞ!

    さて、DQ3がもっとも楽しくなる瞬間です。
    昔のRPGの船を手に入れた時の高揚感は異常ですね。
    最近のRPGにはない魅力……ドラクエ11では果たして船は出てくるのだろうか……


    次回に続くぅ!!


     
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    web拍手
    お読み頂けたらぽちっとおして頂けると大変うれしいです。
    Twitter
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
     (JUGEMレビュー »)

    小説執筆には必須ともいえる日本語入力ソフト&ワードです。
    Recommend
    キングジム デジタルメモ ポメラ DM100 ブラック
    キングジム デジタルメモ ポメラ DM100 ブラック (JUGEMレビュー »)

    管理人も使っているシンプルメモ帳。小説執筆にも使えますぞ!
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM